うちの太郎さん

アクセスカウンタ

zoom RSS 嚥下治療

<<   作成日時 : 2018/08/10 14:50   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

太郎さんの顔
左側常は脳出血による麻痺で、常にしびれていて感覚がありません。
右側はガンによる手術で傷跡があり口が大きく開けられません
左はしびれ
右はピリピリ引っ張られたような感覚なのだそうです

食事は一口大に切らないと食べることができません
ラーメンやうどん
ハンバーガーやおにぎり
果ては握りずしも小さく小さくカットしなければいけません

おしゃべりもこの頃は
「えっ、なに?」
と聞き返すことが多くなり
こうなると、あきらめるのか
「いや、いい」
とあまり、しゃべらなくなってしまいました。

デイケアーから
「この頃、飲み込みが悪くなったようですが・・・」
と報告があったのですが
これは私にどうしろと言うことなのでしょうか?
施設の方では変わったことがあれば報告しなくてはいけないのでしょうが
毎日、太郎さんの様子を見ていれば言われるまでもなく気が付きます

イヤー困った、困った
私はリハビリの先生でも何でもありません
少しばかり責任感の強い私は人様に指摘されれば
さて、どうしたものか?
と悩んでしまうのですね

食事前に
「ぱたから」を唱えさせたり
YouTubeで歌を歌わせたり
それなりの事をさせてもよくなる兆候は見えません

そんな時
デイサービスの家族会で嚥下機能の講演がありますとのお知らせ
グッとタイミングです
もちろん行きましたよ

最近開業した嚥下に特化した歯医者さんのお話でした

少し宣伝の意味もあったのでしょうが
こうなれば釣られてしまいましょう。

嚥下造影検査をしていただきました。
太郎さんの場合食べ物が口に入ると咀嚼をしないで飲み込み
ごっくんをする前に、もう食べ物は食道へ流れ込んでいるということがわかりました。

まるで新幹線のようです。
今のところ気管の方へは流れ込んでいないようですが
具合が悪くなってくると気管の方へ流れ込んでもおかしくない状態だそうです

これから入れ歯の具合を少しづつ直して
低周波刺激装置で治療していくそうです

第一回目の低周波刺激装置での治療を終えたのですが
太郎さん上機嫌です
自分から率先して歌を歌っています。

「あの電気をあてたら右の頬がぴりぴりしなくなった」

嚥下の為の治療器具がガンの治療傷に効いたみたいです

何はともあれ
これでデイケアーの報告の私の責任は果たせたでしょうか?





にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
嚥下治療 うちの太郎さん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる