痛い、痛い、狂奏曲  パート3

うそでしょ!! 体操世界選手権の公式練習 ドーバでの試合会場での出来事 杉原愛子選手は歩くだけでも痛い状態で座薬を使い必死の練習をしたそうです。 「やらへんかったら外される。自分から出る可能性をあきらめたらゼロになるのでやり切りました」 という彼女の言葉もありました。 それはそうなんでしょうけど・・・・・・??? 先日も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

痛い、痛い、狂奏曲 パート2

いつもと変わらない朝でした。 朝ドラをゆっくり見たいので、てきぱきとそれでいて太郎さんを無駄に急がせないように・・・・ デイケアーの職員さんに太郎さんを預けると よし~、行った行った。今日は何をして遊ぼうかと 考えることはもうバラ色 これから起きる不幸などゆめゆめ知らず・・・ さぁ、さっさと用事を済ませて 最後に洗濯物…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

痛い、痛い,狂奏曲 パート1

どうしてくしゃみって1回で終わりにならないんでしょう? 「ハ、ハ、ハ、ハクション!!」 これで終わりになればどんなにか痛手は少なくていいでしょうに・・・・ 鼻がムズムズ 「ハ、ハ、・・・・・・・」 この辺りで近場に体をしっかりと固定できるものを探し 腰に力を入れて 「ハクション!!」 これが2回、3回ともなると …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

すみませ~ン、出ませんでした

ただいま2時4分 夜中です 太郎さんのおトイレに起こされてしまいました 出物腫物ところかまわずと申しますが 太郎さんの場合時間も構わず 平気で私を起こしてくれます そして、とっても怒り心頭になるのが空振りな事 長い時間座っていて 「すみませ~ン、出ませんでした。」 この言葉を聞くと ぶんなぐってやろうかと・・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

半分青い

NHK 朝ドラ 半分青いが終わってしまいましたね。 毎朝、太郎さんのお支度をしながら楽しみに見ていたのですが 何とも大変なドラマでした。 何がって・・・・・ 5分目をそらすとついていけない NHKなのでCMがない とにかく15分間、真剣に見ないと 「えっ、どうしたの?」 というほど話がみえなくなる。 朝食を早めに済…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴロゴロ、ピかーーっと雷

家では換気扇を回すとファンが回り 外の空気を取り込む管が居間のテレビの上あたりにあります。 昨晩は此の管から ビュービユー、ゴロゴロ、バタバタバタバタ とにかくものすごい音です テレビの音が聞き取れない 「ヒェ~~何が起きた??」 びっくりしたのだけど、やっと外の様子がおかしいと気が付きドアを開けてみると 花火かと見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビズ自動運転

お盆も終わり孫たちも帰って相変わらずの生活をしております。 それにしても、毎日暑い! 最近は自然に逆らわずなるべく家から出ないようにしています。 エアコンはつけっぱなし 電器代なんて気にしてはいられない 命の危険性を感じる暑さですもの ですがこのエアコン便利なようで不便 足が冷えてかなわない 太郎さんが歩きやすい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

覚えておった!!

「こんにちは~」 元気にやってきた孫たち まずはおじいちゃんにご挨拶 一息つくと 「金魚は?」 えっ、覚えておった てごわいぞ、子供といえども お祭りにすくった金魚を預かっていたのだけど 死なせてしまった しどろもどろに弁解をする 「いいよ、いいよ」 10歳児に慰められる  しかしここからがおばあちゃ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太郎さんのお仕事

もうすぐ孫がやってきます。 来る前のこの時間が幸せです。 朝食を済ませた太郎さんは甲子園中継を楽しんでいました。 広島、広陵高校、残念でしたね 私はと言うと忙しい 何もしないとは言ったものの 孫たちと遊ぼうと思えば、するべきものはさっさと済ませておきたい 太朗さんも今声をかけると爆弾が落ちると知って おとなしくし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太郎さんは戦力外

「夏休みにはまた来るからね~」 と帰って行った孫たち 夏休みはもう半分以上済んでいるでしょうに音沙汰ありません 今年は暑いからねぇ~ と半分あきらめていたのですが 「もしもし、おばあちゃん日曜日にいってもいい?」 って電話をかけてくれました。 最近の子供たちは断られた時、ショックを感じないように疑問形で聞いてくる お…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嚥下治療

太郎さんの顔 左側常は脳出血による麻痺で、常にしびれていて感覚がありません。 右側はガンによる手術で傷跡があり口が大きく開けられません 左はしびれ 右はピリピリ引っ張られたような感覚なのだそうです 食事は一口大に切らないと食べることができません ラーメンやうどん ハンバーガーやおにぎり 果ては握りずしも小さく小さくカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本語はむつかしい

暑くても外出しない 雨が降っても外出しない さすがに長く続くと家の中にはそうそう用事はありません。 イヤ、あるけどやりたくないが正しいでしょうか? そんなこんなで少しウロウロしてはパソコンで遊ぶを繰り返しています そんな中、上田晶美さんの なぜ、そんなに「しかし」を安易に使うのか? というブログを見つけました。 最近…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最強です 認知症

暑くてたまらない日は朝早くからミ~ンミ~んと鳴いていたセミも 雨が降って急に寒さを感じるようになると もう秋だと思ったんですかね 今朝は静かにしています。 カーテンを開けると百日紅の花 桜の大木のそばにひよろひょろと生えているこの木も 花が咲いている今は主人公のように頑張ってくれています。 ピンクと白があるのですね …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私、病気でしょうか?

桃の美味しい季節ですね トロリとした口触りは嚥下の悪い太郎さんにはもってこいです。 香りもいいですよね 皮をむいで、太郎さんには一口大に切って・・・・・ なんですかねぇ~ 私も好きなんですよ 桃 でもね 太郎さんが食べるのは小口にカットしやすい外側の白いとこ 私が食べるのはカットのめんどくさい種の周り ちょ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

”う” と ”お” の話

太郎さんは早起きです。 5時とか6時だったら許される時間帯なんですが 朝3時 まだ外は暗い 突然 「うっ、うっ、うっ~~」 と唸る 「おおっ~おおっ~」 とおたけび ここまで叫ばれるとさすがに寝ていても目が覚める トイレに連れて行けという合図なんですが ”うっ”、とか”おっ”とかでおトイレとわかるなんてさすが夫…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いつまで続く、この暑さ

毎日暑い日が続いています。 太朗さんもあまりに暑いとデイに出かけるのが嫌になるのか 明日は休みかと聞いてきます 太郎さんの場合デイでお風呂に入るという大義名分があるので 暑い時こそ汗を流してもらわないといけません。 引っ越し時、太郎さんをお風呂に入れられるように 少し大きなお風呂場を選んで 洗い場の椅子 浴槽内の椅子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大事な右肩

左半身が不自由な太郎さんの左腕は相当に重いそうです。 不思議ですよね 痛みとかは全然感じないのに、重さは感じるって・・・ 寝ている時には重さを軽減するために左側に長いクッションを腕の下にはせこんでいます。 車いすに座っている時には枕より少し小さいぐらいのクッションを膝の上にのせ その上に腕を乗せています。 出かけるときに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゆっくり見てくれ、俺は静かにしてるから

う~ん 大変です 今日は木曜日だった VS嵐 夏休み3時間スペシャル わお~ 太郎さんのお夕飯早く食べらせておけばよかった。 仕方ないお世話しないわけにはいかないし・・・・ 速いはやいいつもの3倍ぐらいの速さで太郎さんの前に食事を並べます 「私、今から 嵐見るからゆっくり食べてね」 「うん分かった」 素直でし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

住所変更

引っ越しをして荷物を片付けることも大きな仕事ですが 意外と面倒なのが住所変更手続き 何もかも便利になっている現在 住民票の移動をしたら自動的に書き換えるっていうシステムにならないのでしょうか。 自分のはいいんです自分のは 本人が引っ越しました変更お願いしますと言えば 住民票と同時に書き換えた健康保険証を見せればさっさっさ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ガラクタ

「これ、持っていきます?」 「基本的にはすべてのものを持っていきますから。」 これは先日引っ越しをした時の引っ越し屋のお兄ちゃんと私の会話です。 何をもってこう聞いてくるのか意味が分からない? 荷物を持っていくからあなたを雇ったんでしょ? といってやりたい。 「持っていきません」と言ったってここに置いておくわけにいかないのに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more